深夜の戯れ言

夜中に音楽番組を振り返っていてウワーーーーとなったのでなんとなく筆を執ります。

 

復活LOVEほんとにかっこいい。

今年の嵐の歌、ほんと良曲揃いなんですけど復活LOVEのやばさったらない。まあ言葉を選ばずに言うとエロい。

 

竹内まりやさん作詞、山下達郎さん作曲の大人な曲だという触れ込みから期待値限界突破していて、ラジオで初OAされた際はTwitterが「こう来たか!!!!」と興奮で荒れたのを覚えてる。

 

今のところテレビで披露されたのはVS嵐、Mステ、嵐にしやがれの3回。(年末特番でバンバン歌ってください!!!!)

 

ざっくり振り返り(基本自担しか見えないタイプ)

VS嵐

・初披露

ダンスと共に舞うネックレス

・声が甘い

◎Mステ

・フルコーラス

・2番のソロパートの声の甘さ💢💢

・ラストで唇残すような動きズルい

嵐にしやがれ

・3番組の中で一番エロい

・表情

・衣装似合いすぎ

・ズルい

 

やっぱりこういうドラマ仕立ての曲に関しては二宮くんの右に出るものはいないと思うしうわあ二宮くんえっろ!!!って言ってたんですけど、担当贔屓除いてもその次にエロかったの櫻井くんだと思うんです。マイクスタンドに生まれ変わりたい。この二人のエロさって種類が違っててなんていうかこの曲の二宮くんにパンツ見られてももう~~って言うだけだけどこの曲の櫻井くんにパンツ見られたらその場で蒸発するんじゃないかなって思う。意味わかんない。思いっきり切ない顔して歌う二宮くんに、儚いけど強い顔して歌う櫻井くん………?櫻井くんって低音は心臓に直に響くような甘い歌声で高音は優しくて(曲によってはカラッとしてるけど)甘い歌声だからなんかもうトータル甘いし、でもしつこい甘さじゃなくて糖分控えめな甘さで聞いててヒーーーーーーってなるような歌声の持ち主じゃないですか。めっちゃこの曲あってると思うんです。

結局何が言いたかったかっていうと復活LOVE、もっと櫻井くんにソロパートとかおいしいパートあってもよかったんじゃない!?!?!?!?ってことです。ソロ短くない?少なくない?なくなくなくない?

さとしとかーお潤とかーあいばくんとかみたいなパートもらっててもよくな~~い?

あと二宮くんも二宮くんのエロさに対してソロ少ないです。

以上、櫻井担の戯言でした。

 

追伸: どこかでBang Bangも披露してください。

惚れて惚れてまた惚れて(雑記)

ここ数年、毎年楽しみにしていることがある。

日経エンタテインメントの7月号での櫻井くんのロングインタビューである。それはそれはもうどっしりずっしりした内容の記事であると共に、ファン層の厚い嵐、及び櫻井くんであるから毎回何かしらこのインタビューに関する論議が巻き起こっているような気もするけれど(9割は記事の一部のみ読んだ人による誤解が発端)、誠にありがたきお言葉でわたしはこれを櫻井くんによる施政方針演説だと捉えている。

 

今年は編集部が変わったこともあってか"指定席"であった7月号のインタビューがなく、贅沢病のわたしは物足りない気持ちのまま夏を迎えた。

そして秋になり、11月号でNEWSZERO10周年に託つけて櫻井くんのインタビューが掲載された。今年は少し遅れた定例行事。浮き足だった気持ちのまま読み進めた結果なぜかレポートの下準備の如くルーズリーフに要点をまとめていくという非常にきもちわる~~い行動をとってしまったのでせっかくなら!雑記を残しておきます。本当に雑記なので基本脈絡がない。

 

以下、ほぼネタバレです。ネタバレしかしていません。前述した通り、記事の一部を抜き取って感想を述べることは誤解を呼ぶことが多いし、殊にこの雑誌においてはいつも以上に攻めた言葉を用いる印象があります。わたしはわたしが書き残したブログによって櫻井くんの考えが誤解して受け取られることを望みません。インタビュー記事を全文読んで後悔することはないしはーーーもう櫻井くん最高大好きって感情になること間違いなしだと思うので出来れば全文目を通した上で、このブログを読んでいただきたいです。

 

 

日経エンタテインメント! 2016年11月号

日経エンタテインメント! 2016年11月号

 

 

◎報道について

「ニュースの媒介だけでなく発信側へ」

まさにこの2~3年櫻井くん自身が興味のあることについてよく提示している印象を受ける。

例えばバリアフリー問題やパラリンピック。ユニバーサルマナー検定2級を取得したりパラスポーツ競技会場のバリアフリー化についての取材をしたりすることを通して視聴者の啓蒙に一躍かっているように感じる。(ちなみに検定は満点合格!!ほんとうに惚れる。こういうところが好き!)

 

五輪や災害や戦争についても継続的に取材を重ねているし、ここ数年で彼自身が伝えたいことの輪郭がはっきり見えるようになったのではないかと思う。

 

O.Aで言えないようなことも現場でどれだけ把握できるかによってコメントのニュアンスが大きく変わるという櫻井くんは以前『国会や海外等のパスが必要でカメラの入れない場所にもスタスタ足を運んで1日がかりで綿密に取材しそれを15秒のコメントに載せる(要約)』*1 と語られた櫻井くんだし、"人"に興味があって現場に取材しにいくことをとても大切にしている彼を一視聴者として信頼している。

 

 

またその後アイドルという肩書きがジャーナリストとして足枷にならないのかと問い掛けられた櫻井くんの答えがまあかっこいい。ほんとうにかっこいい。『僕は何事においてもできないことを憂うより、できることのなかに喜びを見出す主義』めちゃくちゃかっこいい。今日から手帳に書き留めて毎日見返そうと思う。

 

「嵐だから言うべきでないこと<嵐の自分が出てることによって伝えられること」だと櫻井くんが言ってくれることで「嵐としての櫻井くん」のことを大好きなわたしが何故か救われたような気分になった。

 

加えて「自分のやりたいことは嵐でいた方が実現性が高い、今の嵐でいる以上に、やれることがたくさんある世界なんてないのではないか」という言葉に安心させられたファンも多いと思う。(わたしもそのひとり。)

 

もちろんキャスターとしての櫻井翔をとても信頼しているし尊敬しているし将来彼が進んでいく道のひとつであると思っている。でもやっぱり嵐のなかにいる櫻井くんが大好きだしこの先も5人の未来を見つめていたい。嵐でいることによる価値を彼の尺度で示してくれることでほんの少しあった不安が取り除かれるような気がした。価値があるかないかだけで判断しているわけではないっていうのはわかっているけど。

 

 

海外情勢やそれにおける知識の話はすっごくオブラートに包まれているように思えたのでいつか!答え合わせが聞きたいなと思った。これは嵐だから言うべきでないこと、のひとつなのかな、おそらく。

 

 

知識欲による勉強会のお話は多忙だろうに頭が下がる(勝手に。)いや、わたしブログ書いてる場合じゃない。勉強しなくちゃ、試験が近いんだ......こんなんじゃ櫻井くんに顔向けできない......。

 

「最近はPCではなくスマホで詞も書くが番組の資料は紙で読まないと頭に入ってこないから台本と共に紙袋ごとに分けて持ち歩く(新聞はリュックに)」、だって!キーボード叩く櫻井くんにめちゃくちゃ興奮する勢だから、スマホで仕事するのか...PCのデキルオトコ感が~~なんて一瞬思ったけど普通に想像して。スマホ使ってお仕事してる櫻井くん。うん、超かっこいい。

わたしも資料や本や雑誌は紙がいい派だからちょっと共通点見つけたような気がしてうれしい気分。大丈夫だよ!平成生まれも紙派!!

 

 

 

悲しいニュースが多い報道の世界に身をおいているからこそエンターテイメントの仕事の方ほうに自分のできることや希望をより多く見出だせるのかもしれない、と語る櫻井くん。ここからはライブのお話が多め。おっぱじまる2016。

 

◎嵐(主に音楽活動・コンサートについて)

「足かけ10ヶ月に及んだJaponism」

『毎年毎年「これが嵐です」という名刺をつくってきたがJaponismに関しては「松本、よくこれ作ったな!」という印象』演出について潤くんひとりが反対意見(というかほぼ悪意)を受けると「演出は5人の総意」であることを強調して、今回は演出の要である潤くんをすごいと褒め称える。決して矛盾ではなくどちらも事実だしこうやってきちんと言葉にするのが櫻井くんだなあと思った。相手を褒めることや守ることに関しては言葉を惜しまないところも自分自身は謙虚なところも。

 

あと1日2公演はドームに比べればキャパは少ないけれど多くの人に見てもらいたいという姿勢だ、といってさらに、ケアしているから体力的には問題がなかったっていう櫻井くんはほ~~んとに体力おばけ!そうやって姿勢を示してくれるからこそコンサート行けなかったけどちゃんと納得できるしそんなグループだから好きになったんだな、と改めて。

 

ワクワクに関しては楽しいけれど後輩のアピール行事化してしまうことに関しては疑問を抱いているので、ワクワクに関するお話も聞けてよかった。社会貢献できるような興行を求められるのが今の嵐だし、CSRなんて言葉を口にする櫻井くん自身、社会貢献できるような興行をすることに喜びを感じていると思うので続けるにしろ別の形になるにしろ「嵐の社会貢献」の次の形を楽しみにしてます。

 

 

 

嵐の次のアルバム『Are You Happy?』やっぱり櫻井くんの案だった。17年目、30代の嵐がみせてくれる喜怒哀楽がめちゃくちゃ楽しみ。"肩の力を抜いて余裕のある感じ"だって、どうしよう~~~ちゃんと聞けるかな興奮しちゃってまともに聞けないかも...?わたしの曲の好みのひとつとしておしゃれな雰囲気の曲(ex:ジャズ調)があるので、今回のアルバム期待してます。

 

 

パブリックビューイングを乱発するとライブのライブたる価値を変えてしまうことになるっていうのは前から言ってることだし、過熱し続けるライブ人気からしてチケットが全員に行き渡るようなツアーは極めて難しいことも分かっているのでもう少しおとなしく待ってたいなと思う。

でも嵐にはこのまま突っ走って欲しい。相反する気持ちに揺れているけれどコンサートはやっぱり行きたいな~~

 

5人の在り方は周囲から向けられる目に影響されないしされるべきではない、「これからも、これまで通り自分たちのやるべきことをやっていこう」とメンバー間で確認しあった嵐。変わらない進化をし続ける嵐。

もう8年もトップを走り続けている。その燃料が切れることなく、むしろより安定して走っているように思えるのは、きっとこうしてことあるごとにお互いの意見を尊重しあうと同時にきちんと擦り合わせていることが大きいと思う。17年目の嵐に期待を寄せて。

 

欲しい言葉、聞きたい言葉を本人の口から聞かせてくれる人のファンになれたことはほんとに幸せだなあと改めて感じたインタビュー記事だった。ずっと追いかけていきたい背中だしこの先もバカの一つ覚えみたいに櫻井くん櫻井くん言い続ける自分が見えた。

 

この夢が覚めないように。たくさんの夢をみなさんと一緒に見ていきたい。僕たちに夢を見せてくれてありがとう。なんて言いながらファンにキラキラ光る夢を見せてくれる。

シンデレラのガラスの靴を投げ捨てて、裸足のまま連れ去ってくれちゃうような、そんな王子は他にはいない。王子だなんていったらもうそんな年じゃないって言うかもしれないけれど、わたしにとっては一生王子。

 

最後に、10年間櫻井くんの隣に座ってきた村尾さんの言葉を。

 

"「櫻井翔」は『NEWSZERO』の4番バッターである。"

*1:2009 Vol.19 +act p13 NEWSZEROチーフプロデューサー山田克也氏談

Buono! Festa 2016 ~Buono!最高~

Buono! Let's go!!! Buono! Let's go!!! Buono! Let's go!!! Buono! Let's go!!!*1

 

8月25日に日本武道館で開催されたBuono! Festa 2016に参戦してきました~~!


f:id:y_3nmpppn:20160830015113j:image

幼稚園、小学校低学年時代ハロプロファンになり(ミニハムずとか懐かしい)、その後さくら組おとめ組に別れた辺りに離れたわたしがハローに帰ってきたのはBuono!です。こんだけぎゃーぎゃー言ってるわりに2011年Buono!出の愛理推しなのでわりと新規ですね。初恋サイダーMVが公開された当時愛理ちゃん雅ちゃんももちゃんを見てこんなにかわいいの?こんなに歌えるの?こんなアイドルいたの!?!?え、ハロプロキッズがこんなに大きくなってたんだ......とずっきゅん落ちたのですがその後、地方在住だったわたしの行ける範囲でBuono!ツアーは開催されませんでした。それどころか新曲は出ない単独コンサートもない、たまにカウントダウンやベリキューコンサートでちょろっと歌うだけという状態。「Buono!を飼い殺しにしやがって!!!」と赤羽橋*2に向けて中指をたてながら℃-uteちゃんを応援していた所突然発表されたBuono!武道館公演。(ここまでひと息)

 

突然すぎて正直驚いたし何か嬉しくない発表があるんじゃないかと不安でした。杞憂に終わってよかったけれどBuono!が解散するんじゃないかと心配してました。まあこのツイートの後、愛理ちゃんの母体である℃-uteの解散というトンデモ爆弾が発表されたんですけどね!!

 

 

実際行くとほんっとに楽しくて最高で最強でBuono!のファンになってよかったなあと心から思えた公演だったので次、Buono!があったときに読み返すために自分の感想を残しておきたいと思います。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

まず会場についたときの人の多さに驚き。武道館で誰かの卒コンでもないのにこんなにグッズ列伸びてるのは初めて見た。こんなの並んだら熱中症で死ぬ...というかお目当てのグッズほぼ売り切れとるやん...ってことで途中リタイア。後で通販で購入。タオルだけは当日買って入りたかったな~~

 

開場後席につくと、2階スタンド後ろから2列目という天井席だったけど真っ正面!最高かよ!全体が見渡せるしモニターという技術のおかげでちゃんとメンバーの顔も見れるし満足、ただ終演の頃には肩が凝りまくってて激痛。

 

流れてくるCMを見ながら友達と「いよいよだねまじ胸熱い、は~ももみやあいりわたしたちのBuono!」と偏差値3の会話を繰り広げていたら客電が落ちてメインステの布に3人の影が!!

 

1. ロックの聖地

いきなり新曲きた。Buono!念願の武道館にぴったり~『♪小さなステージでもあたしたちにはブドーカン*3』って歌ってた子たちが『♪今夜はRock 'n' roll Hero 本物の ブドーカンでLive』って高らかに宣言して最高の夜の始まり。

 

2. We are Buono!Buono!のテーマ

今夜もアイドルだってなめてんじゃねーぞ!

 

3. ロッタラ ロッタラ

この曲はゆび祭り*4のイメージ強いなあ。Bメロの愛理コールいれるおたくがほんと楽しそうでああBuono!のコンサートだ(涙)って実感した

 

4. 曲名不明/PINK CRES.
5. 曲名不明/PINK CRES.

6. Summer wonderland/PINK CRES. 

ピンクスって略すんだっけ?みやびちゃん新ユニ~~~近くに居た雅おたがすごくてヒャッホーーーって叫ぶ姿がまるでマリオだったのでそれ以降彼をマリオと呼んで楽しんでました。小林ひかるちゃんかわいいなぁ~~

 

7. 恋泥棒/カントリー・ガールズ
8. どーだっていいの/カントリー・ガールズ
9. 愛おしくってごめんね/カントリー・ガールズ

愛ごめ流れた瞬間3曲も歌うんかーいと思ったのは置いといて。カントリーはほんっとthe アイドル。やなみんは希望の星。まなかちゃんが抜けて勝手に悲観的になってたけどまだまだこのグループは頑張っていくんだなって思えたよ。わたしは年上組が好きなのでPMももちゃん以外のメンバーだと梨沙ちゃん応援します!!!ファイティーーン!

 


10. 都会っ子 純情℃-ute
11. 人生はSTEP!/℃-ute
12. Kiss me 愛してる℃-ute
13. Danceでバコーン!/℃-ute

℃-uteちゃん(;_;)解散発表後初めての生℃-uteちゃんだったのでなんとも言えない気持ちだったけどぶち上がりソングバンバン歌う℃-uteちゃんさすがだったよ。ゲストなのに4曲も歌って多いよなんて思ってないよ??℃-uteちゃんスッキリした顔しててなんだか切なかったです。まだ語れない。

 


14. ホントのじぶんカントリー・ガールズ&℃-ute(桃、愛理抜き)

バカやろ~~~~

『がんばれ!』の台詞を担当したなっきぃがめちゃんこかわいかったよお嫁さんにしたい~~デビュー曲を本人たち以外が歌ってびっくらこいたけどなっきぃかわいかったから100点!

 


15. Independent Girl~独立女子であるために

キタヨーー!サビ前のももこ!!!ナイアイヤ!炎の特効にジャニオタの血が騒ぐ。わたしの友達は必死にマイクスタンドを探してた (笑)(笑)


16. 雑草のうた

17. JUICY HE@RT

この2曲はセットだよね。ロック全開Buono!はひたすらかっこいい。そういえばなんでJUICY HE@RT CD音源ではオールユニゾンなんだろうね。

https://youtu.be/sBneab6okdY


 MC(自己紹介、雅ちゃんハピバ)

miya!24歳になったmiya!ケーキ運ぶ愛理ちゃんの動きが気持ち悪かったことをすごく覚えてる。次の日のワイドショーで「ももちこと嗣永桃子さんが率いる新たなユニットが~」みたいなアナウンスされてるの見てハ?って思ったんだけどここで明らかにももが「みや!あいり!久しぶり~~~~」って言ってるやん???

 

18. ソラシド~ねえねえ~

新曲!MVshort ver.しか公開されてなくて会場中が初めてフルで聞く状況だったから2番Aメロでまずどよめき。大サビ前のももソロパートのロングトーンでざわめき。フルで聞くことに価値がある曲だと思うからみんな新曲買おうね!!!忘れないで~~~~~


19. ガチンコでいこう!

P!A!T!I!コール楽しい...!!めっちゃ叫んだ。女子だけでやった時の音圧すごくてハロプロ現場であんなに女子率高いの珍しいよね。ももちゃんも「黄色い」って言ってたよ。はいどんまいのかわいさは永久不滅。


20. マイラブ

この世にあるだいじなものきっとオカネじゃ買えません~~


21. Kiss! Kiss! Kiss!

最上級にかわいかった。


 
 MC(バンドメンバー紹介&バイオリニストあめちゃん登場)
22. うらはら(アコースティックVer.)
23. 君がいれば(アコースティックVer.)
24. You're My Friend(アコースティックVer.)

真っ白なドレス衣装に!アコースティックコーナーよかったよ...パフォーマンス自体もそうだけど既にへとへとのおたく達に座って聞く時間をくれるBuono!優しい~~!バラードになるとももの優しい歌い方が沁みる。ここでわたしは『星の羊たち』くるのでは!?!?と思いましたが来ませんでした悲しみ!歌うべきだったよ~~。アコースティック始まって友達が「絶対うらはらくるでしょ (笑)」って言った0.3秒後にうらはらのイントロが流れ出した時は笑ってしまった。


 VTR(スタッフインタビュー)

Buono!を支えるバースデー今月(いまつき)さんと新星(にいぼし)カツヲさんと柔五段のインタビューでした。まじ茶番!!!!これぞBuono!だよね...愛理ちゃ、いやカツヲさんヒドイ。お婆ちゃんキャラに味しめすぎだよめっちゃ面白いけどね (笑) 今月さんのエセ関西弁と柔五段が終始無言なのにBuono!で誰が好きか聞かれたときだけトランシーバーに向けて『ももち♡』と言ったところに吹きました。


25. 泣き虫少年
26. カタオモイ。

VTR中にお着替え。この流れでかっこいい曲きたからおたく一瞬対応できなかった (笑) ギャップだ~~。安定してかっこよかったです!!!


27. 初恋サイダー

地下アイドル達にカバーされまくってる歌。本家はこれだよ!!!!見たか三鷹三田か!!!そうやすやすとカバーできる曲じゃなくて技量が求められるんだよ...。盛り上がりがすごかったな~~~~冒頭の愛理ちゃんソロもちょっとアレンジされててよかったなあ。会場の空気を感じて3人が勝ち誇ってるようにわたしには見えた。地下アイドルからのカバー問題に関しては作曲者のしほりさんが記事を書かれてるのでリンク貼っておきますね。

http://s.ameblo.jp/shihori-94/entry-12193735014.html


28. Bravo☆Bravo
29. じゃなきゃもったいないっ!

じゃなきゃもったいないっ!のAメロすごく好き~~~~なので聞けて嬉しかった!ジリリひらりくるり...って感じに韻を踏んでてかわいいよねこの歌。

 

30. れでぃぱんさぁ

油断したら噛みついちゃうから~~~~ガーオッ!We are Buono!ツアーの時にしっぽがついた衣装着て踊ってたイメージが強い。愛理ちゃん歌詞間違えちゃってたけどかわいいからオールオッケー!


31. MY BOY

前のVTRでBuono!で好きな曲を聞かれたバースデー今月さんが答えてた曲だ!!!!Buono!の数少ないつんく♂曲。かっこいいよーーーーーーー


32. 恋愛♥ライダー

本編ラストの曲!!早い!!!あと3時間くらいやってほしい体力持たないけど!!これがシングル2まいめの曲だなんて思えないよねって感じのキラーチューン。絶対盛り上がる。そういえばこの曲のMVの頃って愛理ちゃんやったらでかいツインテールしてたよね。


 アンコール

Buono!Buono!Buono!Buono!Buono!!!!!!!


33. ロックの神様

ここで来たか~~!!以前ベリキューコンサートで歌ってたことは記憶からさっぱり消えました!青空にど根性見せつけてやったよ!Buono!武道館、いやブドーカンに際してこの曲が持つ意味は大きいな~~。


 MC

Buono!解散発表しないかドキドキしつづけてたわたし、ここでやっと安心しました。来年もやろうねBuono!コンサート!


34. ワープ!

フォーーーータオル回しソングだよ!!この曲も歌詞がめちゃんこかわいいんだよ~~!!ハイパーでワンダーなトリップだった!!Buono!と一緒なら銀河系の果てさえも一瞬で着けるし天の川の向こうも駆け抜けていける!カモンベイベーーーー!!

間奏の煽りにガンガン叫ぶつもりだったけど煽り部分無くてずっこけた、「大きな声出さないと帰しませんからね~~~~」が聞きたかったよ!!!


35. タビダチの歌

Berryz工房無期限活動停止前に有明で歌ってた映像を見て以来この曲は涙涙の悲しい歌のイメージがこびりついてたけど明るい前向きな曲に戻ったよ。有明でベリ休止が悲しくて子供みたいにわんわん泣きながら歌ってた愛理ちゃんがいつも通りの笑顔で歌ってておばさん泣いた。おばさんじゃないけど親戚のおばさんみたいな気持ちになったよ。

声をあげて泣いてもいいよいつか笑顔の君に戻れる

 

主観&主観&主観のレポだけどほんっっっっっっっっっっとうに楽しい3時間でした。次のBuono!いつかな??またBuono!がつくる空間に入って楽しみたいな~~3人それぞれに普段活動してる場所があって頻繁には集まれないだろうから年1回でもいいからこうやって集合する機会があるといいなあ~~!次はゲストなしで本当に単独でやろうね。Buono!なら余裕で埋まる!!

 

はーーーBuono!最高!!!!



f:id:y_3nmpppn:20160830015201j:image

*1:partenza〜レッツゴー!!!〜/Buono!

*2:所属事務所であるアップフロントの所在地

*3:ロックの神様

*4:指原莉乃ちゃん主催で開催されたアイドルフェス

℃-uteちゃんが解散する

℃-uteが解散するらしい。学生の特権とばかりに寝て寝て寝まくる日々を過ごしていたわたしはお昼頃になって、はじめてそのニュースを知った。

 

 

正直予想できていたことではある。℃-uteと同期のBerryz工房は2015年3月3日をもって無期限活動停止に入っており現在℃-uteハロー!プロジェクト最年長のお姉さんグループである。そしてメンバーの鈴木愛理ちゃんは来年の3月に大学を卒業するし、先日グループ最年少の萩原舞ちゃんが20歳を迎えた。区切りをつけてもおかしくない時期ではあった。

 

だけど、だけどなんだか悔しい。もっともっとたくさんの人に℃-uteちゃんの魅力を知ってほしかったし日本の人たちからもっと注目をあつめていい存在だったと思う。

 

 

発表されたコメントには

11年間、真剣に夢と向き合い、メンバーみんなで走り続けてきたからこそ、
さいたまスーパーアリーナ公演を終えたら、「もう、未練はない!精一杯℃-uteを全うした!」と、
自信を持って言えると思います!
5人で時間をかけて前向きに話し合い、活動休止ではなく、解散という結論を出しました。

 

と書かれている。わかる。よくわかる。ハロー!プロジェクト キッズとして活動しはじめてから来年で15年。人生のほとんどをアイドルとして生きてきた彼女たちだ。メンバーの脱退もありたくさん苦しみながらもホール→武道館→横浜アリーナ→そしてさいたまスーパーアリーナとどんどん会場を大きくしてきた。『ハロプロ一のパフォーマンス』とか『アイドルが憧れるアイドル』なんて称号も手にしている。

 

 

不祥事やメンバーの方向性の不一致、なんてことではなくアイドルとしてやりきったからだなんてこんな素敵な幕の引き方はないと思う。

近頃アイドルの解散について世間は賑わっている。その中で、10ヶ月先に開催される「夢だった舞台」での公演をもっての解散、そしてそれまでたくさんのイベントやツアーが用意されているという状況は驚くほど恵まれているというのは頭ではわかっている。

 

 

 

これはまさに『卒業』であり彼女たちの門出だ。

 

 

だけど!だけどやりきれない。なんだか悲しい。来年の6月を終えたら、もう5人で歌って踊る姿を見ることは出来ないんだなあ。

 

舞美ちゃんのパワフルで女神様のような動き、なっきぃの関節どうなってるの?ってダンスに癖のあるかわいい歌声、愛理ちゃんの女性的なダンスに表情にまさに歌姫という言葉が似合う姿、千聖の力のある歌声にしなやかなダンス、まいまいの鼻にかかったような歌声に女の子らしい振舞い。そんな5人の完璧にシンクロしたダンスと1mmの狂いもないユニゾンの、最強なパフォーマンスが見れるのはあと10ヵ月。

 

信じたくない、自分を落ち着けようと思って書きはじめたけど全然落ち着かない。悲しいなあ。悲しいなあ。

 

 

℃-ute大好きだ。10ヶ月、たくさんコンサートにいくぞ!お金たくさん使うぞ!もう一生分℃-uteちゃん見た~~おなかいっぱい!ってなるまで現場にいくぞ!!!


f:id:y_3nmpppn:20160820180119j:image

 

 

まずは、ずっと楽しみにしていたBuono!の武道館公演に行ってきます。℃-uteちゃん~~~~!!!(;_;)

 

傘を買いにいく

春先の夕方に降る雨の音神様たぶんイライラしてる

水滴を弾けわたしのふくらはぎ負けるな午後のどしゃ降りなんかに

脱ぎかけの濡れた靴下で線を引くこれよりあっちはきみの縄張り

この雨できみが死んだりしないよう渡す黄色い窓つきの傘

夕立がわたしの背中を突き飛ばす早くここから去れと優しく

映画なら今頃雨が降っていてびしょ濡れのまま泣いてる場面

あの日からビニール傘が増えていく最近の雨は朝に降らない

ほんとなら夜しか出ないこうもりが昼から横断歩道に出てる

春雨が雨に混じって降ってくるスープにはいることを拒否して

北風に吹かれる赤いレインコート フードが脱げてしまうのは仕様

コツコツと地を鳴らす音借りてきた傘がだんだん削れてく音

天気雨なんて滅多に降らないしきつねはあんまり嫁にいかない

明日から死ぬまで分の傘を買う「端から端まで全部ください」



見よう見まねの連作もどき13首。全部雨の歌。主人公に一貫性がないから連作って言っていいのかわからない、言っていいのならはじめての連作です。急に作りたくなって作ったから推敲が甘いけれど。

部屋からでなくていいのなら雨の日は好き。靴下が濡れるのはほんとうに嫌だ。

ゆるりとはじめます

とくにすきなたべもの

蒸しキャベツ
ヨーグルト
納豆(特に糸の力)
秋刀魚
キウイ、梨、桃
ポトフ
味噌汁
豆腐(絹、木綿、焼き)
生ハムの切り落とし
炊き込みご飯
じゃがいも
りんごあめ(姫りんごだとなおよし)
 
 

すきじゃないたべもの

もち巾着
高野豆腐(スポンジ)
 
 
 
 

あいさつ

はじめまして、はてなブログを始めてみようと思います。人が書いた記事を読むことを楽しみにしていて特に分析系の記事にとても憧れていました。
が、わたしには到底真似できそうにないのでその時々に思ったことをゆるっとぬるっと書いていきます。
それならTwitterでいいじゃんって感じもするけれど140文字の壁、加えて自己顕示欲の塊を延々フォロワーの方々に垂れ流すことに少し抵抗を感じだした(い!ま!さ!ら!)ためブログという形をとることにしました。
 
たべものに限らず、すきなものを並べて最初の記事を締めます。
 
短歌
櫻井翔くん
鈴木愛理ちゃん
布団
ふわふわのタオル
布団
世界史
昼寝
お祭り
読むこと
布団
抹茶ラテ
褒められること
菜の花
常識があって頭のいい人
熱めのお風呂
 
 
 
たぶん、他にもたくさんある。